— SOSHQ

Archive
Products


STee.×Seeds Of SpeciesコラボレーションTシャツの販売

1枚のTシャツから、1本の木へ

STee. + Seeds Of SpeciesのTシャツは、一個人として社会に対し、自然に対し「いま、できること」を考えるためのひとつの「きっかけ」です。「古着をボディとして再利用し、Tシャツ1枚につき木を1本植えること」、ここから何を汲み取り、何を起こすか。その答えは私たちひとりひとりの内にあります。

*CSPの協力を得て「One Product, One Tree」を導入し、Tシャツ1枚につき木を1本植えるプログラムを実施いたします。

商品詳細

サイズ:フリー
プリントカラー:2種類
価格:¥3,000
*ボディに古着を使用しているため、一枚一枚ボディカラーやサイズ、質感等が異なります。
*限定100枚の生産となります。

取り扱い店舗

Spinns – 東京店/名古屋店/京都店/大阪店/広島店/福岡店

デザイン:大山康太郎
−2001年、京都市立芸術大学美術学部、卒業。
同年、ライブペインティング・デュオ「DOPPEL」をスタート。
シーンの黎明期から精力的に活動し、コンビでのライブペイント・パフォーマンスを確立する。
有機的に動く手動モーフィングなペイントスタイルで、人物や動物、マンガ/アニメキャラなどのポートレイトと、抽象的な紋様が入り乱れた世界を構築し展開している。

2004年、個人での壁画製作を開始、翌2005年、3m×30mの大型壁画を完成させ、「Monotype」名義でのソロ活動をスタートさせる。
民族的な紋様や建築、自然造形物等に影響を受けつつも、アジア人、人としてのルーツ/本質を自らの血の内に探り、原始的咆哮とも言える紋様を生み出し続けている。
全国各地での壁画やライブペイント、濃いメンツとのコラボレーションや旅そのものの経験を経て、紋様から始まったその表現形態は、極端な広がりを見せ始める。
現在までに、NIKE、TOYOTA、NISSAN 等の企業や、TK、Issey Miyake 等、ショップとのコラボレーションを果たし、多数の業績を残している。

植林協力:CSP
−「ひとりひとりが創造的な表現者として行動を起こし、社会を変える力となる」をコンセプトに、企業、組織の限界を超え、人と人との関わりあいから発現する新しい価値観の創造と共時性をつなげ、意識の目覚めを拡げていくための新しい概念の形成をめざしています。企業が行うCSR(Corporate Social Responsibility:企業の社会に対する責任)には、個人がその取り組みを家に持ち帰れないという限界があります。私たちは、環境問題を企業や国の責任に押し付けるのではなく、一人の行動こそが今の時代に必要なものであると考え、2005年よりCSP(Creator’s Social Possibility)として活動を始めました。

Read More