— SOSHQ

News – SOS×CSP 木を植えるプログラム報告書

「1枚のTシャツから、1本の木へ」をコンセプトにしたStee. + Seeds Of SpeciesのコラボレーションによるTシャツの販売

Seeds Of Speciesとplants label / Sundaland Cafe主催のワークショップ

2008年にSeeds Of Speciesが行ったこれらの活動ではCSP(*1)の協力により「One Product, One Tree」(*2)の導入を行いました。

そして昨年、これらの活動に対する皆様のご協力によりタイ国ラノーン県ムアン郡バンリン地区バンリン村にある『智慧の森』(*3)に『106本』の木(マングローブ)を植えることが出来ました。

Seeds Of Speciesの活動にご協力して下さった皆様を始め、多くの方々のご協力によって『智慧の森』は生まれました。
皆様には、心よりお礼を申し上げます。

Seeds Of SpeciesではこれからもCSPの活動に賛同し、協力を行っていきます。

CSPからの報告書はこちら

*1_CSP
「ひとりひとりが創造的な表現者として行動を起こし、社会を変える力となる」をコンセプトに、企業、組織の限界を超え、人と人との関わりあいから発現する新しい価値観の創造と共時性をつなげ、意識の目覚めを拡げていくための新しい概念の形成をめざしています。企業が行うCSR(Corporate Social Responsibility:企業の社会に対する責任)には、個人がその取り組みを家に持ち帰れないという限界があります。私たちは、環境問題を企業や国の責任に押し付けるのではなく、一人の行動こそが今の時代に必要なものであると考え、2005年よりCSP(Creator’s Social Possibility)として活動を始めました。

*2_One Product, One Tree
製品の販売1つ、もしくは参加者1名につき1本の木を植えるプログラムです。

*3_智慧の森
CSP主催によるコミュニティーフォーレスト再生プロジェクト『智慧の森』計画のこと。
2009年タイ国ラノーン県ムアン郡バンリン地区バンリン村にある過去に伐採が進み、疎林になってしまった5ヘクタールの土地に約15,000本の植林を行い『智慧の森』が誕生しました。